書籍

表千家流点前 続編

吉田堯文


点前の種類、水屋、炉と風炉、棚物の種類と扱い方、点前の準備と点前の基本、薄茶点前、炭点前、濃茶点前、略点前など。

定価 本体 1,500円(税別)
判型 B6
頁数 256頁
ISBNコード ISBN 4-7611-0021-4
刊行年月日 1948年2月20日(初版)1965年4月10日(改訂)
目次

■第一編 いろいろの点前
風炉本勝手-小間
風炉逆勝手
風炉炭点前の逆勝手
土風炉炭点前
炉の台目点および炭点前
炉の向切点および炭点前
炉の向切点逆勝手
炉の向切逆勝手流し点
炉の四畳半流し点
■第二編 いろいろの扱いと作法
水屋のお釜をかける準備と後始末
薄茶相伴
替茶碗の扱い
濃茶と棚物
続き薄茶
一客一亭
重ね茶碗の扱い
お茶湯(おちゃとう)
絞り茶巾
初炭と後炭
ぶりぶり香合-持ち香合の扱い
つり釜と透き木釜の扱い
平水指
棗と袱紗包みの扱い
■第三編 茶事の話
茶事の話
案内と準備
正午の茶事
炉正午の茶事
風炉正午の茶事
口切の茶事
名残の茶事
夜咄の茶事
朝茶
暁の茶事
新春のお茶
■第四編 道具の種類と扱い
掛物
茶道の掛物-墨蹟と絵画
花入と敷板
花入の歴史と種類

風炉と灰と敷板
炉と炉の灰
炉縁
香合と歴史
炭斗
羽箒と座箒
柄杓立と台子皆具
火箸

釜敷と紙釜敷の扱い
灰器と半田
灰匙
風炉先屏風
水指
茶入
茶入の袋
薄茶器と四滴の茶入
茶碗
袱紗
茶杓
建水
蓋置と七種の蓋置の扱い
菓子器
煙草盆

一覧に戻る