お知らせ

お家元特別協力連載について

2020年08月04日

茶道雑誌読者の皆様
表千家同門会会員の皆様

暑中お見舞い申し上げます。
日頃は、茶道雑誌を含め、河原書店の書籍をご愛読いただきありがとうございます。
新型コロナウイルス感染症の影響で茶道を取り巻く環境も大きく変わってまいりました。
『茶道雑誌』もご紹介する献茶、茶会の開催がなく編集内容に苦慮しておりますところ、
表千家猶有斎お家元宗匠より特別協力をいただき、
8月号より好評連載中の【茶道講座】の内容を変更、新連載「おうちでお茶を楽しむ」を開始しました。

■茶道講座
コロナ下のなか、家でできるお茶の楽しみ方として、『即中茶記』をひもとき、「略点前(盆点て)─柄杓を用いない場合」を掲載しております。続く次号は「柄杓を用いる場合」を掲載します。

■新連載「おうちでお茶を楽しむ」
毎月、さまざまな方に「おうちでお茶を楽しむ」エピソードをお伺いしていきます。
初回は大徳寺聚光院の小野澤虎洞和尚にお寺でのお茶の楽しみ方をご披露いただきました。

※同門会員の皆さまには、会員誌『同門』8月号にて、三木町宗匠にご紹介いただいております。
 同誌では新連載「清らかな茶の楽しみ」が掲載されております。
『同門』の「清らかな茶の楽しみ」と『茶道雑誌』の【茶道講座】、「おうちでお茶を楽しむ」を
 ぜひ併せてご覧ください。

新型コロナウイルスの感染収束が未だ見えないなか、お家元のご協力に対し社として深くお礼申しあげます。
また、このような状況のもとではありますが、この2つの企画を通して読者の方々に自宅でもお茶のこころを感じていただけるように願ってやみません。


株式会社河原書店 代表取締役社長 小林洋一

お知らせ一覧へ戻る