書籍

茶人の花押

小田榮一


花押がわかると道具の伝来が明らかになる。花押の形から持ち主をさがしあてる「検索」は、経験から生みだされた画期的な試み。

定価 本体 2,913円(税別)
判型 A5
頁数 256頁
ISBNコード ISBN 4-7611-0078-8
刊行年月日 1991年5月20日
目次

第一章 花押の形と役割
花押の起源
花押の様式
花押の役割
第二章 茶人とその花押
禅僧の花押
利休以前の花押
武人の花押(室町~桃山)
桃山の茶人
利休の周辺 -上-
利休の周辺 -下-
近衛家と琳派初期
寛永を中心にした禅僧と茶人
宗旦とその四天王
江戸前期の大名・武将
表千家(不審菴)代々
裏千家(今日庵)代々
武者小路千家(官休庵)代々
藪内家代々
遠州流代々と、その系流
宗徧流代々
松尾流代々
久田家代々と、堀内家代々
千家周辺の茶人
江戸時代中後期の大名・武将と、茶人
江戸時代後半の禅僧
近代の茶人
花押拾遺
第三章 花押の検索

一覧に戻る