書籍

近世前期における茶の湯の研究 ―表千家を中心として―

千宗員


千家が茶家として大きく展開した近世前期(17世紀~18世紀中期)。利休が大成したとされる茶の湯を、表千家歴代(元伯宗旦、江岑宗左、随流斎、覚々斎、如心斎)は、それぞれの時代の要請に合わせて、どのように創造的に受け継いでいったのか。 近年発見・整理された表千家不審菴所蔵の文書史料を用いて、茶会様式の変遷、茶の湯の理念の形成を実証的に明らかにする。

定価 本体 5,000円(税別)
判型 A5判
頁数 358頁
ISBNコード ISBN 978-4-7611-0175-6
刊行年月日 2013年3月20日
目次

〔目次より〕
序 章 本論の課題と史料の所在
第一節 研究史と課題
第二節 史料の所在

第一章 近世前期における表千家の歴史
第一節 茶家としての千家の確立
第二節 茶の湯支持層の拡がりから家元制
度の成立へ

第二章 茶会記および道具帳に見る茶の湯の
変遷
第一節 一七世紀中・後期における千家流
茶会様式の確立
第二節 一八世紀前半期における茶会と道
具の特性

第三章 千家における茶の湯の理念の変遷
第一節 一七世紀中・後期における茶の湯
の理念の形成
第二節 一八世紀前半期における茶の湯の
理念の展開

結 論

(表千家歴代系図/表千家歴代年譜)

一覧に戻る