書籍

新編 元伯宗旦文書

千宗左 監修/千宗員 編


この新編は、昭和46年(1971)に刊行された『不審庵伝来 元伯宗旦文書』を一新する形で編集されたものである。『新編 元伯宗旦文書』発行にあたっては、千宗員若宗匠を中心として「元伯宗旦文書」の再読と研究がおこなわれ、元版に校訂を加え、さらに新出資料として宗旦の妻、宗見の文書を収めている。さらに、新たな研究成果をもとに、元伯宗旦の生涯をはじめ、茶の湯、茶室、禅、交流、逸話、そして妻の宗見と家族についての論文を掲載。また巻頭の口絵には、宗旦の書、絵讃、短冊など、新たに掲載される図版十九点を加え、全四十七点をカラーで紹介。宗旦の手紙はすべて新たに撮影され、鮮明な画像で掲載されている。 宗旦の人となりを知り、江戸時代前期の茶の湯の様相を知るうえで貴重な資料である。

定価 本体 10,000円(税別)
判型 B5
頁数 602頁
ISBNコード ISBN 978-4-7611-0136-7
刊行年月日 2007年12月19日
目次

〈史料編〉
元伯宗旦文書 二四六点
真巌宗見文書  二六点
文書写真に翻刻を付す

〈論考編〉
宗旦の茶        千 宗左
元伯宗旦の生涯と茶の湯 千 宗員
宗旦の交友       久田宗也
宗旦の茶室       中村昌生
宗旦と道具などのこと  林屋晴三
元伯宗旦の禅      堀内宗心
宗旦の逸話をめぐって  生形貴重
真巌宗見文書について  熊倉功夫

〈付録〉
「元伯宗旦文書」の書誌について
元伯宗旦関係参考文献
元伯宗旦文書推定年代一覧
元伯宗旦年譜
元伯宗旦文書索引

一覧に戻る