書籍

悠々 天地の中 茶文化の旅

倉澤無庵(行洋)/東君(滕軍)


1990年代から2000年代初頭にかけて中国大陸、台湾を訪れ、茶と人、またその地に伝わる史跡や物語にふれた茶文化探訪の旅。悠久の時間の流れの中で生きている人びとの姿、彼らの営みと大自然が一つに溶け合った美しい風景。日中の研究者二人が、大都会から鄙の地までをめぐる中で体験した“悠々 天地の中”の出会いをつづる。

定価 本体 1,714円(税別)
判型 A5判
頁数 334頁
ISBNコード ISBN 978-4-7611-0137-4
刊行年月日 2010年12月15日
目次

〔内容〕
第一章 茶文化の聖地 法門寺
第二章 法門寺で想う 中国茶文化の動向
第三章 『茶経』のふるさと 湖州
第四章 岩茶の世界 武夷山
第五章 陸羽のふるさと 天門
第六章 茶たけなわの郷 台湾
第七章 本茶のふるさと 天台山
第八章 茶の隠れ里 廬山と婺源
第九章 月円茶会 桂林
第十章 茶の都 杭州
第十一章 瀟湘の茶 湖南
第十二章 宣化遼墓と「喫茶去」の寺 河北
第十三章 茶栽培発祥の地 四川蒙頂山

一覧に戻る