書籍

元伯宗旦 侘び茶の復興

生形貴重


81年にわたる生涯を、祖父・利休の侘び茶復興に費やした千家三代・元伯宗旦。 その生涯は、決して順風満帆ではなかった。 「宗旦の筆舌に尽くしがたい努力抜きにして、今日のような茶道文化の姿はありえないといっても過言ではない」(本文より)。 本書では、度重なる苦悩をのりこえて侘び茶を復興し三千家確立への礎を築くまでの長い道のり、そして、宗旦が到達した侘びの境涯を、利休や父・少庵との逸話、4人の息子たちとのやり取り、そして公家・大名茶人・町衆らとの交流などを通して描き出す。

定価 本体 1,800円(税別)
判型 四六判
頁数 312頁
ISBNコード ISBN 978-4-7611-0181-7
刊行年月日 2021年4月20日
目次

第一章 祖父・利休への想い
一 宗旦のすぐれた利休理解(1)
二 弟子たちに伝えられた利休の逸話(2)
三 堺の茶の湯と「文化の下克上」
四 少庵の逸話と伝承から

第二章 少庵と宗旦の千家復興への日々
一 少庵屋敷から千家屋敷へ
二 高山右近の少庵訪問
三 宗旦の病

第三章 侘び茶の復興と宗拙の苦悩
一 病気からの回復と一畳半茶室の再建
二 近衛信尋の御成
三 長男・宗拙の仕官問題
四 片桐石州との交流

第四章 宗拙の義絶と宗左の紀州徳川家仕官
一 宗拙の重圧と周囲の尽力
二 宗拙の義絶
三 宗左、千家の後嗣となる

第五章 宗守と宗室の仕官
一 宗旦・宗守お八子 祖父・利休への想い
一 宗旦のすぐれた利休理解(一)
二 弟子たちに伝えられた利休の逸話(二)
三 堺の茶の湯と「文化の下克上」
四 少庵のいつわと伝承から

第二章 少庵と宗旦の千家復興への日々
一 少庵屋敷から千家屋敷へ
二 高山右近の少庵訪問
三 宗旦の病

第三章 侘び茶の復興と宗拙の苦悩
一 病気からの回復と一畳半茶室の再建
二 近衛信尋の御成
三 長男・宗拙の仕官問題
四 片桐石州との交流

第四章 宗拙の義絶と宗左の紀州徳川家仕官
一 宗拙の重圧と周囲の尽力
二 宗拙の義絶
三 宗左、千家の後嗣となる

第五章 宗守と宗室の仕官
一 宗旦・宗守親子の心の溝
二 宗守と宗室の進路
三 宗室の加賀藩仕官

第六章 四畳半茶室の再建と侘び・寂びへの批判
一 一畳半+四畳半茶室の完成
二 侘び茶への批判と評価

第七章 宗旦の茶の湯と交流
一 茶の湯を楽しむ心境
二 東福門院との親交
三 淀城主・永井尚政との親交
四 後藤少斎の援助

第八章 宗旦の侘び - 中庸と清貧
一 藤村庸軒との逸話
二 宗旦の侘び茶復興の意味
三 藪内紹智との逸話
四 一息切断 咄々喝々

終 章 久田宗全と宗旦の逸話
一 久田宗全の嘆きと宗旦回帰
二 『茶湯逸話集』のユーモア

一覧に戻る