茶道雑誌

茶道雑誌 1998年2月号


発行年 1998年
号数 2月号
判型 A5
頁数 168頁
雑誌コード 04021-02
定価 本体 590円(税別)
目次

而妙斎宗匠の御道具
貫名義隆裂のはなし(その十八)─牙蓋屋はんのこと─
土田友湖特集 仙厓父・出光佐三と仙厓     出水昭介仙厓義梵
堀和久無法の軽み─仙厓の禅風─  倉澤行洋仙厓の芸術─禅から離脱する禅画─
中山喜一朗畠山記念館 冬季展 早春の茶道具取合わせ
畠山記念館学芸部茶書を読もう(五) 心の師の文─茶の湯論の初め─
谷晃茶の湯と文芸(三十八) 『徒然草』のことなど(十三)─利休めを殺して、ことを欠く─
生形貴重茶掛けについて(九十)   十和田湖月茶道講座(八十九) 袋棚 濃茶点前─その一─
不審菴編遺構で綴る茶室史(十一) 遠州と茶室の書院化─大徳寺龍光院密庵席─  池田俊彦・恒成一訓時空を超える美 守屋弘斎(二)
久世良朋絵描きの玉手箱16 海を渡った天神さま
山本英男

一覧に戻る