茶道雑誌

茶道雑誌 1998年11月号


発行年 1998年
号数 11月号
判型 A5
頁数 168頁
雑誌コード 04021-11
定価 本体 590円(税別)
目次

而妙斎宗匠の御道具
貫名義隆家元天然忌裂のはなし(その二十七)─口切り─
土田友湖『如心斎聞書(口授)』九十四
堀内宗心高麗美術館 開館十周年記念特別展「高麗・李朝の美」によせて 象嵌をめぐる高麗の威信と李朝の思惑
金巴望五島美術館 秋季展 特別展 鈍翁の眼─益田鈍翁の美の世界─
名児耶明畠山記念館 秋季展 数寄茶人 益田鈍翁と周辺の人々
若林眞理子三井文庫別館 秋季展 館蔵 楽の茶陶─三井家伝来の楽焼─
清水実中国製茶法の歴史(一)
布目潮風豊臣秀吉の創作茶の湯(六) 侘び人を視野にいれよう
矢部良明茶掛けについて(九十三)  十和田湖月
茶道講座(九十八) 長板 一つ飾り 男子の薄茶点前
不審菴編遺構で綴る茶室史(二十) 石州の茶室─慈光院の茶室─ 池田俊彦・恒成一訓
時空を超える美 清水柾博(二)
久世良朋絵描きの玉手箱25 蕪村画の俳味
早川聞多座談 中国の古窯と陶磁を語る(二)
稲垣正宏・金巴望・出川哲郎・谷晃

一覧に戻る