茶道雑誌

茶道雑誌 1998年5月号


発行年 1998年
号数 5月号
判型 A5
頁数 168頁
雑誌コード 04021-05
定価 本体 590円(税別)
目次

而妙斎宗匠の御道具     貫名義隆
家元利休忌
裂のはなし(その二十一)─喜寿お祝いの会─
土田友湖
『如心斎聞書(口授)』八十八
堀内宗心
相國寺承天閣美術館 足利将軍の栄華を偲ぶ─「金閣寺・銀閣寺茶の湯名宝展」によせて─
有馬頼底
静嘉堂文庫美術館 静嘉堂・国宝展─名作でたどる美術コレクションの歩み─
玉蟲敏子
豊臣秀吉の創作茶の湯(一) 描きたい茶人秀吉像             矢部良明
松永久秀の数寄・風雅    藤井学
座談 高麗茶碗を語る
尹龍二・金巴望・谷晃 通訳 崔貞順
茶書を読もう(八) 山上宗二記(二)─茶の湯理念としての侘数寄を説く─
谷晃
茶道講座(九十二) 風炉 薄茶の運び点前─女子─            不審菴編
遺構で綴る茶室史(十四) 公家の茶屋 その一─水無瀬神宮灯心亭─   池田俊彦・恒成一訓
時空を超える美 永樂善五郎(二)
久世良朋
絵描きの玉手箱19 円山応挙の牡丹孔雀図
冷泉為人
茶の湯と文芸(四十一) 『徒然草』のことなど(十六)─利休のアンバランスの美学─
生形貴重

一覧に戻る